テレワークでお困り?多様な働き方にも対応できる勤怠スケジュール管理

「勤怠も上手にスケジュール管理したい」

社員の勤怠管理は、スケジューリングが必要な時代になりました。

テレワークや在宅ワークが進んでいる昨今、社員ひとりひとりの勤怠管理は必須です。

しっかりスケジュール管理しておかなければ、コンプライアンスの違反となってしまうこともあるため、会社の命題とも言えるでしょう。

この記事では、働き方の多様化によって必要になる「勤怠のスケジュール管理」の大切さについて解説します。

また、勤怠のスケジュール管理を快適にしてくれる「スケコン」というスケジュール管理ツールについてもご紹介。

最後まで読んで頂ければ、勤怠のスケジュール管理の大切さが理解できるでしょう。

働き方の多様化により勤怠のスケジュール管理も必要に

現在、働き方はとても多様化しています。

オフィス以外で働く人も増えているため、勤怠管理も変化しなければいけません。

以下では、勤怠のスケジュール管理が必要な理由について解説していきます。

コンプライアンスを守る

昨今、コンプライアンスを守ることは会社の命題です。

しっかりコンプライアンスに準ずる働き方をしなければ、指導が入ってしまうことも少なくありません。

そんな状況なので、しっかり勤怠を管理することは大切です。

勤怠管理を怠っていれば、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • 働きすぎの社員が出てくる
  • サービス残業をする社員が出てくる
  • 無理な働き方をさせる上司が出てくる

このような状況になると、健全に会社を運営していけません。

しっかりコンプライアンスを守るためにも、社員の勤怠管理は必須となっています。

テレワークにも対応しないといけない

働き方は、非常に多様になっています。

テレワークや在宅ワークなど、オフィスに出社しなくても仕事ができる時代となりました。

そんな中、社員ひとりひとりの勤怠管理はとても大切です。

それぞれが勤怠の管理をしなければ、オーバーワークが起こる可能性があるからです。

また、労働時間を偽る可能性も否めません。

時代や働き方の変化にも対応するためにも、勤怠のスケジュール管理は大切です。

固定費は下げなければいけない

利益を出すだけが、会社の使命ではありません。

固定費を削減し、健全な運営を続けることも大切です。

勤怠管理は単純作業のようですが、実は固定費はかなりかかります。

  • 勤怠システムの費用
  • 給料と連動させれば経理課の負担
  • 紙の購入費用や印刷代

少しの費用と感じるかもしれませんが、毎月のように発生すると馬鹿になりません。

固定費を削減するためにも、勤怠管理によるコストはできるだけカットしたいところです。

スケコンなら勤怠のスケジュール管理も簡単

勤怠のスケジュール管理を円滑に進めるためには「スケコン」というスケジュール管理ツールがおすすめです。

以下では、その特徴や魅力についてご紹介します。

社員の管理に役に立つ

スケコンを使えば、社員の時間管理が可能です。

スケジュールが一目瞭然で分かるので、いつどんな仕事をしているのか「見える化」されます。

見える化すれば、コンプライアンスを守ることにも繋がるでしょう。

例えば、働きすぎの社員を注意することも可能です。

効率が悪く、残業ばかりしている社員の指導もできるでしょう。

勤怠のスケジュールが見える化することにより、社員の時間や予定をマネジメントすることも可能となっています。

ネット環境さえあれば使える

スケコンは、ネット環境さえあれば利用できます。

面倒なシステム導入や、レクチャーは必要ないため、テレワークや在宅ワークでもスケコンは簡単に利用可能。

また、セキュリティに関しても安心です。

入力した情報は暗号化されるので、安全に利用できます。

誰にでも簡単に利用できるので、勤怠システムの導入を検討しているなら、スケコンがおすすめです。

基本無料で利用できる

スケコンは、基本無料で利用できます。

ウェブ上からダイレクトにアクセスできるため、面倒な手続きも不要。

そのため、固定費のコストカットに大いに役立つはずです。

無料とはいえ、脆弱なシステムではありません。

必要最低限の勤怠管理や予定調整が、シンプルに使えます。

勤怠のスケジュール管理するのに、十分な機能が備わっているのが魅力です。

固定費をしっかり削減した上で、しっかり勤怠管理を行えるよう、スケコンの導入を検討してみてください。

まとめ

今回は、勤怠のスケジュール管理に必要な条件についてご紹介しました。

  • コンプライアンスを守る
  • テレワークにも対応しないといけない
  • 固定費は下げなければいけない

勤怠システムは、専門のツールを入れているという会社も多いかと思います。

ですがこれからの時代、働き方の多様性に対応する勤怠管理が必要です。

勤怠管理は、本来多くのシステムや機能は必要ありません。

シンプルかつ便利なスケコンを導入して、社員の勤怠管理をスムーズに行っていきましょう。