スケコン「空き時間確認」機能の使い方

スケコンマガジン編集部です。HOW TO記事のコーナーではスケコンの実践的な使い方や裏ワザを実際の画面や動画などを用いりながらご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、「空き時間確認」機能の使い方についてです。

 

サービスのトップページにアクセスする

スケコントップ

サービスのトップページにアクセスすると、「1対1予定調整」「複数人予定調整」「空き時間確認」の3つの機能が確認できます。今回は「1対1で予定調整」をクリックします。

 

②Googleアカウントでログインしていく

Googleアカウントにログインする必要があるので、「メールアドレス」または「電話番号」を入力してください。

情報を入力するにあたって不安に思われる方もいるかもしれませんが、カレンダーの内容は自分のアカウントからしか見ることができないため心配する必要はありません。

※スケコンの情報は暗号化されているので、第三者に自分のカレンダーが公開されたり、情報が漏洩されることはありません。

 

③スケコンへの権限の確認画面が出るので許可をしていきます

スケコンへの権限付与2

スケコンログイン

(ログインすると「空き時間確認」機能の説明ポップアップが出てくるので、こちらでも利用方法を確認することができます)

 

④「予定の条件を変更する」を選択する

「予定の条件を変更する」を選択し、これから細かく予定の条件を設定していきます。

 

⑤空き時間を知りたいカレンダーを選ぶ

空き時間を知りたい方のカレンダーを選び、最後に「決定」ボタンを押します。

 

⑥空き時間を知りたい時間帯を選ぶ

次に、空き時間を知りたい時間帯を選びます。

希望する時間帯の指定も可能です(「開始時間」〜「終了時間」をそれぞれ30分単位で選択できます)。

今回は仮にミーティングの時間帯をクリックし、説明していきます。

 

⑦所要時間を選ぶ

次に所要時間を選びます。

(▲今回は60分を選択します)

 

⑧移動にかかる時間を選択する

さらに、移動にかかる時間を選択します。

 

⑨確認したい期間を指定する

確認したい期間を指定し

・土日・祝日を候補日に含めるか
・終日予定があっても候補日に含むか

を設定します。

 

⑩空き時間一覧を確認する

各項目の条件を設定したら、設定した条件を満たす空き時間が一覧で表示されるので確認します。

空き時間の一覧がわかるので、ここから候補日にするか否かを決めていきます。

同じ画面を下にスクロールすると、以下の画面が出てきます。Googleカレンダーと合わせて空き時間を確認することも可能です。

 

⑪共有する

確認した空き時間は相手に共有することもできます。

「候補日時をテキストとしてコピー」のボタンを押すだけでテキストとしてコピーできたり、メールやSNSであっという間に送ることができます。

 

「空き時間確認」機能の使い方についての説明は以上になります。