スケコンを活用したオンラインMTGの連携方法

スケコンマガジン編集部です。HOW TO記事のコーナーではスケコンの実践的な使い方や裏ワザを実際の画面や動画などを用いりながらご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、スケコンを活用したオンラインMTGの設定方法についてです。

スケコンを活用すると、オンラインMTGを簡単に設定することが出来ます。

「オンラインMTGの連携」でできること

スケコンでは以下のオンラインMTGツールと連携することが可能です。

<連携可能なオンラインMTGツール>
・Zoom
・Google Meet
・Microsoft Teams

具体的には、打ち合わせ日程の確定と同時に、ツールのURLを自動発行してくれます。

そのため、通常であれば打ち合わせの日程調整と、ツールのURL共有はそれぞれ別で行うところを、

スケコンでは一気にまとめて行うことができます。

オンラインMTGツールの連携方法

Zoomの連携方法

マイページを開き、一番下にある「Zoom PMI(パーソナルミーティングID)登録」をクリックします。

Zoom上で「Zoom PMI」という10桁の数字を確認し、マイページ上にて入力します。

最後に画面下の「保存」ボタンをクリックし、Zoomの連携に必要な情報の登録は完了となります。

Google Meet、Microsoft Teamsとの連携方法

予定調整作成画面『STEP1』の「オンラインMTGツールを選ぶ」の「▼」をクリックしてください。

スクリーンショット 2021-04-09 13.20.39.png

使用するオンラインミーティングツールを選択し、予定調整を作成すれば、自動的に連携されます。

▽Google Meet(Googleアカウント)の場合

スクリーンショット 2021-04-09 13.22.07.png

▽Microsoft Teams (Microsoft アカウント)の場合

スクリーンショット 2021-04-09 13.20.55.png
スケコンを活用したオンラインMTGの連携方法についての説明は以上になります。

「スケコン」サービス利用者の声

「スケコン」を利用する方からは、今回ご紹介した「オンラインMTGツールとの連携」機能について、以下のような声をいただいております。

営業のアポイント調整、社内のMTG調整から、いまでは個人のプライベートの調整もサクッとスケコンで行うくらい日常に定着化しました。コロナ禍でリモートワークになりオンラインMTGが主流となるなかで、本当に助けてもらっています。

スケコンさんは、無駄な作業を全て排除した予定調整ツールだと思っています。
生産的な時間が圧倒的に増えて、有意義な時間が過ごせています。
今まで、連絡先の交換をチャットやメッセージで行っていたので、自動交換は凄く助かっています。スケコンさんは、無駄な作業を全て排除した予定調整ツールだと思っています。生産的な時間が圧倒的に増えて、有意義な時間が過ごせています。