タスク管理にガントチャートの導入を!jootoでタスクを見える化しよう

こんにちは。スケコンマガジン編集部です。(「スケコンマガジン」はAIスケジュールサービス「スケコン」がお届けする「人と時」をテーマにしたWEBマガジンです。)

今日も知って得する・すぐに使える、普段のライフスタイルや仕事をより楽しむために役立つ情報をお伝えします。

今回ご紹介するのは、タスク管理ツール「jooto」です。忙しい日々におけるタスク管理は、いかに効率よく行えるかが重要です。

タスク管理の精度が一つ一つの仕事に割ける時間を決めると言っても過言ではありません。「上手ににタスクを管理して今よりもっと生産性を上げたい」と考えている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

jootoとは

Jootoは、クラウド型のタスク・プロジェクト管理ツール。

表示形式は、ふせんを貼ったり剥がしたりする感覚で使える看板方式で、直感的に操作ができるのが特徴です。

タスク管理や進捗管理をはじめ、メンバー同士のコミュニケーションやデータ共有など、安定して成果を出したいチームに心強い機能が揃っています。

jootoの特徴

jooto と他のタスク管理ツールにはどのような違いがあるのか、今回は3つに絞って解説していきます。

ガントチャートでタスクを見える化

jooto の最も大きな特徴は、ガントチャートでタスク管理が行える点です。

看板方式のチェックリストに加えて、ガントチャート機能で時間軸に沿ったタスク管理を行えます。

この機能があることで、jooto だけでタスク管理に加えてスケジュール管理も可能になります。

設定や操作も簡単です。タスクの期間を設定すると自動でガントチャートに反映され、スケジュールを俯瞰して把握できます。期限が迫ると色が変化して知らせてくれるため、たとえ期限や日程を勘違いしてても大丈夫。

タスクごとの期限変更や並べ替えも、ドラック&ドロップで簡単に調節が可能です。

また、画面上部に表示されている「全てのタスク」では、「担当者」「フォロー」「期間」で絞り込みができ、個人や期間ごとにタスク把握が行えます。

ガントチャートを使うことで、プロジェクトを跨いで全タスクの進捗を把握可能になり、自ずとスムーズな進捗管理につながります。

部署・チームを跨いでも管理が可能

jooto では、部署やチームの垣根を越えて進捗状況がクリアになり、チーム全体的な動きが可視化されます。

例えば、全てのタスクに対してガントチャート機能がつけられていること。

これにより、タスク同士の関連性(達成したい目的に対してこのタスクがどう役立つのか)がわかるようになり、タスク共有の精度が向上します。

加えて、先述したフィルターを利用して見たいタスクを絞り込んだり、メンバー単位でタスク量を把握できたりする機能も含めると、ここまでの高い機能性は他ツールではあまり見られないものです。

GoogleカレンダーやSlack・Chatworkとの連携200

jooto は単体でも十分優秀ですが、外部ツールとの連携で更に利便性が増します。

例えば、jooto スケジュール管理のGoogleカレンダーやビジネスチャットツールSlack、Chatworkとの連携が可能です。

jooto のガントチャートをベースに、Googleカレンダーでのスケジュール調整や、Slack やChatwork を使った円滑なコミュニケーションを行いましょう。

タスク管理に便利なjootoで業務効率化を

タスク管理の透明性は、結果的にチーム全体の業務効率化へつながります。

jooto をはじめ、上手くツールを利用してタスクを見える化していきましょう。

—–
スケコンマガジンでは、
毎日の業務や生活がもっと楽に、もっと楽しくなる情報を日々更新しています。
<<<<<スケジュール調整AI「スケコン」とは?>>>>>
誰でも簡単に無料ではじめられる
日程・予定調整ツール「スケコン」。
https://schecon.com/login
ビジネスから遊びの予定まで、スケジュール調整にかかっていた時間を”一瞬”に!
相手と自分の空き時間を自動で割り出し、決定したら自動でカレンダーに予定を追加。
1対1でも、大人数でも大丈夫。
営業のアポ取り、社内・社外会議、オンラインMTG、採用面接、会食・飲み会・ランチ、バイトのシフト出し、友人・学校での集まり、同窓会…
どんなシーンでも、
スケコンがあなたのスケジュール調整の心強いコンシェルジュに。