フリーランスエンジニア専門の案件一括検索サイト「フリーランススタート」、掲載案件数15万件突破!さらにリモートワークの掲載案件数4,000件突破!

フリーランスエンジニア専門の案件一括検索サイト「フリーランススタート(https://freelance-start.com)」は2020年11月に累計の案件掲載数が15万件突破したことをお知らせします。ならびに15万件の内リモートワーク案件掲載数が4,000件突破したことをお知らせします。

「フリーランススタート」は2018年より展開する日本最大級のフリーランスエンジニア専門の案件一括検索サイトです。
案件情報を開発言語や単価、勤務地、業界、稼働日数など、ご自身が希望する細かな条件で横断検索し、案件応募までワンクリックで完結する点や各フリーランスエージェントサイトで登録フォームや経歴書の入力を都度行う必要が無い点、フリーランスエージェント毎のおすすめポイントや口コミなどの詳細を閲覧できる点など、多くのフリーランスエンジニアの方より好評を得ています。

■数字から見る「フリーランススタート」

フリーランススタート掲載案件を開発言語・スキル別に見てみると以下の通りです。

1位:Java (30,112件)
2位:PHP (14,899件)
3位:JavaScript (5,656件)
4位:COBOL (5,638件)
5位:C# (5,454件)
6位:VB.NET (5,235件)
7位:SQL (4,941件)
8位:C++ (4,684件)
9位:Python (3,903件)
10位:Ruby (3,458件)

フリーランススタート調べにおける、開発言語・スキル別掲載案件数は、汎用性の高い開発言語であるJavaが圧倒的に多いです。

第3位のJavaScriptは今後さらに案件数が増加する可能性が高いです。
その理由として、フロントエンドやサーバーサイドの両方に活用出来る開発言語である点や、JavaScriptのフレームワーク(Node.js、React.js、Vue.js、Nuxt.js)を活用したWebサービスが増加している点、ブロックチェーン分野に活用されている点などが挙げられます。

なお、第9位のPythonもJavaScriptと同様、5Gに向けた取り組みが日本で本格化していることを皮切りにAI(人工知能)、IoT、ビッグデータを活用する企業が増加しており、それに伴い今後さらに案件数が増加していくでしょう。

フリーランススタート リモートワークの掲載案件を開発言語・スキル別に見てみると以下の通りです。

1位:Java (356件)
2位:PHP (281件)
3位:JavaScript (281件)
4位:Ruby (206件)
5位:SAP (188件)
6位:Ruby on Rails (171件)
7位:iOS (167件)
8位:AWS (157件)
9位:React (154件)
10位:Vue.js (122件)

フリーランススタート調べにおける、開発言語・スキル別リモートワーク案件数は、汎用性の高い開発言語であるJavaが多いです。

第3位のJavaScriptは今後さらにリモートワーク案件数が増加する可能性が高いです。
その理由として、Javascriptを活用したフロントエンド開発はサーバーサイド開発に比べて依頼しやすい点が挙げられます。また、ReactやVue.jsなどのJavaScript関連の案件が上位に入っていることも同様の理由が挙げられます。

さらに、第4位のRubyや第6位のRuby on Railsに関してもリモートワーク案件数が今後増加していく可能性が高いです。
その理由として、Webアプリやモバイルアプリなどのニーズが高まっている近年において、RubyやRuby on Railsを活用し開発スピードを重視したスタートアップやベンチャー企業が今後も増加していく点が挙げられます。それに伴い今後もリモートワーク可能な案件は増加していくでしょう。

■フリーランス/IT市場における動向とフリーランススタートの今後の展望

経済産業省のIT人材需給に関する調査では、2030年までに約79万人のITエンジニアが不足すると予測されています。また、2017年「雇用関係によらない働き方」に関する研究会の報告書によると、既にフリーランスを含む外部人材の活用を将来的に減らしていく企業は1つもないとの報告が上がっています。近年、日本の大手企業でもフリーランス人材の活用が活発化しています。

IT業界の急速な発展によるエンジニアの人材不足や企業によるフリーランス人材活用の拡大により、相対的にフリーランスの案件数も増加していくことが予想されます。

さらに、フリーランス案件が増加していく中、リモートワーク案件も同じく増加していくでしょう。
フリーランススタートでは、リモートワークが可能な案件を4,000件以上取り扱っています。(2020年11月時点)
リモートワーク案件の平均単価は76.2万円、中央値単価は74万円、最高単価は200万円です。
常駐フリーランス案件の平均単価66.1万円と比較して、リモートワーク案件の単価は高くなっていることが分かります。

リモートワーク案件の増加理由は、コロナ禍におけるリモートワーク推進や副業が解禁し雇用形態の多様化が促進されていることです。
今後、会社における雇用の多様化やコロナ蔓延防止などにより、企業の雇用形態や勤務形態が見直され更にリモートワーク案件が増加していくでしょう。

フリーランススタートの掲載案件数に関して、毎月3000件以上のペースで増加しています。
フリーランススタートはすべての掲載案件におけるリモートワーク案件の占める割合を現在の2.6%から5%まで引き上げ、2021年内に掲載案件数20万件、リモートワークの掲載案件数10,000件を目指します。

▼掲載中のリモートワーク案件はコチラから
https://freelance-start.com/jobs/work_style-2

■「フリーランススタート」について

「フリーランススタート」は2018年より展開する日本最大級のフリーランスエンジニア専門の案件一括検索サイトです。
フリーランススタートでは厳選された優良フリーランスエージェント様50社以上と提携を行う事で、15万件以上のフリーランス案件の横断検索を可能にしています。
また、「開発言語・フレームワークなど開発環境」「勤務地」「単価」など希望する条件をカテゴリー分けし自身に最適な条件の案件を見つけることが出来るだけでなく、応募まで一貫して行うことが出来ます。

■サービスURL:https://freelance-start.com

なお、フリーランススタートはiOSアプリ版を2020年6月にリリースしています。

フリーランスエンジニアとしてスキマ時間で手軽にフリーランス案件を検索したい、フリーランスとして現在の市場価値を確認したい、開発言語の単価を調べたい方や、フリーランスを将来的に検討している方など、是非下記URLよりダウンロードしてみてください。

▼アプリのダウンロードはコチラから
https://apps.apple.com/jp/app/id1480632042
配信開始日:2020年6月15日
対応OS:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。 
ジャンル:ビジネス 
価格:無料

 
—–
スケコンマガジンでは、
毎日の業務や生活がもっと楽に、もっと楽しくなる情報を日々更新しています。
<<<<<スケジュール調整AI「スケコン」とは?>>>>>
誰でも簡単に無料ではじめられる
日程・予定調整ツール「スケコン」。
https://schecon.com/
ビジネスから遊びの予定まで、スケジュール調整にかかっていた時間を”一瞬”に!
相手と自分の空き時間を自動で割り出し、決定したら自動でカレンダーに予定を追加。
1対1でも、大人数でも大丈夫。
営業のアポ取り、社内・社外会議、オンラインMTG、採用面接、会食・飲み会・ランチ、バイトのシフト出し、友人・学校での集まり、同窓会…
どんなシーンでも、
スケコンがあなたのスケジュール調整の心強いコンシェルジュに。