スプレッドシートより楽々時短作業!スケジュール共有するなら使って欲しい便利ツール5選

スプレッドシートを使ってスケジュール管理している方も居るのではないでしょうか。

ネットに接続していれば、どこからアクセスしてもファイル管理ができるので楽ですよね。

スプレッドシートでスケジュール共有をしたいけど、方法が分からない方もいるでしょう。

この記事では、スケジュール共有について悩みがあるあなたに共有方法を紹介します。

記事を読むことで、スケジュール共有に関して悩むことがなくなりますよ。

スプレッドシートシートはスケジュール共有にも使えるサービスなんです。

スプレッドシートとは

スプレッドシートとは、Google社が提供しているソフトのことで

見た目は表計算ソフトであるエクセルと非常に似ています。

ただしエクセルのようにソフトをあなたのパソコンにインストールする必要はなく、

スプレッドシートは、Googleの無料アカウントさえあなたがもっていれば

インターネットを介して今すぐに使用できるWEB上のアプリケーションなんです。

こちらのスプレッドシートは、スケジュール管理をするうえで

非常に人気な方法として数多くの人に使われているんです。

スプレッドシートを使うメリット

 

一体なぜこのスプレッドシートという方法は人気なのでしょうか?

そこには3つの理由があります。

無料で使える

先ほども書きましたが、スプレッドシートが人気である最大の理由は、

誰でも無料で全機能を使うことができる点にあります。

「エクセル以上の希望を備えている」と言われているこのスプレッドシートが

全て無料で使えるなんて驚きですよね。

スプレッドシートを使用するために必要なのは、無料のGoogleアカウントを取得するだけ。

この手軽さがスプレッドシートを人気にしている1つ目の理由です。

アレンジの幅が広い

見た目はエクセルと似ているこのスプレッドシートですが、

備わっている機能を使いこなすことができればその便利さはエクセル以上です。

エクセルに備わっているデータの入力規則や書式設定などはもちろんのこと、

スプレッドシートならではのガントチャートのテンプレートなどは

ビジネスパーソンがスケジュールを管理するうえで非常に役に立ちます。

このアレンジの幅の広さが人気の2つ目の理由です。

共有が簡単

このスプレッドシートは、Googleアカウントを持つ者同士であれば

誰でも簡単に共有することが可能なんです。

エクセルであれば、名前を付けて保存し、パスワードを付けてメール…と

共有にどうしても手間がかかってしまいますが、

スプレッドシートであればURLを共有するだけで誰でも同じファイルを確認でき、

さらにはリアルタイムで共同編集までできてしまいます。

この共有の手軽さがスプレッドシートを人気にしている3つ目の理由です。

スプレッドシートでスケジュール共有する方法

はじめに、スプレッドシートを使ってスケジュール共有を行う方法を見ていきましょう。

スプレッドシートでスケジュール共有を行うには2つのやり方があるんです。

  • 共有アイテムとしてスプレッドシートを作成して、共有を行う
  • 作成したスプレッドシートのURLを共有する

それぞれの詳細を見ていきましょう。

共有アイテムとして作成

ひとつめの方法は、ファイルを共有アイテムとして作成することです。

共有したい相手のメールアドレスを追加し、共有アイテムとすることで共有ができます。

スケジュールを記載しているファイルを共有することでスケジュール共有が可能です。

URLを共有する

ふたつめの方法は、作成したファイルのURLを共有したい相手に共有する方法です。

作成したファイルのリンクを取得できるので、そのURLを送るだけで共有ができます。

権限付与もできるので、スケジュールを教えたいだけの相手は参照権限のみ付与できます。

スプレッドシート以外でスケジュール共有できるサービス

スプレッドシートでの共有方法を紹介しましたが、共有に向いているのでしょうか。

結論から申し上げるとスケジュール共有可能ですが、少し複雑です。

スプレッドシートを予定表で使っていない方は一度ファイルを作成する必要があります。

そのため、スケジュール共有ができるWEBサービスを使うほうが簡単に共有できますね。

さいごに、スプレッドシート以外でスケジュール共有が可能なサービスを紹介します。

WEB上にはさまざまなスケジュール共有ができるサービスが存在しています。

Googleカレンダーと連携できたり、いろいろな特徴があるので便利に使えるんです。

それぞれのサービスについて見ていきましょう。

「TimeRex」

「TimeRex」はURLを共有してスケジュール共有できるサービスです。

GoogleカレンダーやOutlookと連携可能でビジネスに使える日程調整が可能となります。

面倒なメールのやり取りも不要で予定表とリアルタイム連携できるので簡単ですね。

「eeasy」

「eeasy」はURLを共有したい相手に共有し、スケジュール共有するサービスです。

こちらもGoogleカレンダーやOutlookと連携可能で日程調整を自動で行ってくれます。

最新のカレンダーと自動同期してくれるので、ダブルブッキングも起きづらいです。

「アイテマス」

「アイテマス」は生成テキストとURLを共有してスケジュール共有を行うサービスです。

Googleカレンダーと連携可能でビジネスで使える日程調整アプリとなります。

アプリのため、スマホで簡単にスケジュール共有ができるので便利なサービスですね。

「biskett」

「biskett」は共有したい相手にURLを送信してスケジュール共有を行うサービスです。

こちらもGoogleカレンダーと連携可能で簡単に日程調整が可能になります。

共有相手もログインしているとGoogleカレンダーに自動登録されるので便利ですよね。

「スケコン」

「スケコン」は候補日程を共有したい相手に伝えてスケジュール共有を行うサービスです。

Googleアカウント認証可能で、AIが予定表から空き時間を自動で抽出してくれます。

複数人でのスケジュール共有もできるので、とても使いやすいサービスといえます。

Googleアカウントがなくても、予定の作成、共有が可能なので誰でも使えるんです。

まとめ

スプレッドシートでのスケジュール共有方法、サービスを使っての共有を紹介しました。

スケジュール共有の仕方には、いろいろな方法があることが分かったと思います。

それでは紹介した方法の中で、どの共有方法を使うのが良いのでしょうか。

一番おすすめしたいのが、「スケコン」を使ってスケジュール共有する方法です。

「スケコン」は誰でも無料で共有が可能で、AIによる自動抽出機能も便利です。

ぜひあなたも「スケコン」を使って、スケジュール共有を楽にしていきましょう。