【Officeユーザー必見】Office365はスケジュール共有もできる!スケジュール調整が楽になる方法

日程調整をするためにスケジュール共有を行う場面があると思います。

学生の飲み会や、社会人の会議調整など、さまざまな場面でスケジュール共有が必要です。

その際にどんなスケジュール共有の方法を使うと良いのか悩みますよね。

この記事では、Office365をはじめとしたスケジュール共有を行う方法を紹介します。

記事を読むことで、スケジュール共有を行うさまざまな場面で役に立ちますよ。

使っている方も多いOffice365だけでもスケジュール共有は出来るんです。

Office365でスケジュール共有を行う方法

はじめに、Office365でスケジュール共有を行う方法を紹介します。

Office365でスケジュール共有を行うには2種類の方法があります。

  • 予定表を共有相手にメールで送信して共有を行う
  • Office365と連携可能なWEBサービスを使って共有を行う

それぞれのスケジュール共有方法を見ていきましょう。

予定表を共有相手にメールで送る

ひとつめの方法は、予定表を共有したい相手にメールで送信する方法です。

Office365予定表の機能として、予定表の共有設定があります。

相手のアドレスを追加し、相手が送信されたメールの承諾を行うと共有可能になります。

Office365と連携できるWEBサービスを使う方法

ふたつめの方法は、Office365と連携できるWEBサービスを使う方法です。

Office365と連携可能なサービスが存在しており、スケジュール共有が簡単にできます。

主にOffice365と連携可能なWEBサービスは2つあります。

  • TimeRex
  • eeasy

それぞれについて見ていきましょう。

「TimeRex」

「TimeRex」はURLを共有することでスケジュール共有ができるサービスです。

Office365の予定表とリアルタイム連携が可能で調整も自動化してくれるんです。

面倒なメールのやり取りが不要となるので、便利にスケジュール共有ができます。

「eeasy」

「eeasy」はURLを共有したい相手に送ることでスケジュール共有ができるサービスです。

Office365と連携することで日程の調整が自動にできるようになります。

常に最新のカレンダーをもとに共有可能なので、ダブルブッキングも起きないです。

Office365以外のスケジュール共有可能なWEBサービス3選

Office365でスケジュール共有を行う方法を見てきました。

Office365でスケジュール共有可能ですが、別のサービスを使うと楽に共有ができます。

スケジュール共有を簡単に行いたい方はこれから紹介するサービスを使うと良いでしょう。

最後に、Office365以外でスケジュール共有ができるWEBサービスを3つ紹介します。

Googleカレンダーと連携も可能なサービスで、スケジュール共有を簡単にしてくれます。

それぞれ特徴が異なっているので、簡単に詳細について見ていきましょう。

「アイテマス」

「アイテマス」は生成テキストとURLを共有してスケジュール共有を行うサービスです。

Googleカレンダーと連携可能な日程調整アプリで、スマホで簡単に共有ができます。

自分の予定を隠して空き時間を共有できるので、とても便利に使えるでしょう。

「biskett」

「biskett」は共有したい相手にURLを送信してスケジュール共有を行うサービスです。

Googleカレンダーと連携するだけで、日程調整が簡単になり、自動同期もされます。

そのため予定重複も起こらず、slack連携も可能なので使いやすいサービスといえますね。

「スケコン」

「スケコン」は候補日程を共有したい相手に伝えてスケジュール共有を行うサービスです。

AIスケジュールコンシェルジュサービスでAIがタスクの一部を自動で行ってくれます。

Googleカレンダーを使っていなくても、予定の作成や返信が可能なので誰でも使えます。

まとめ

Office365で共有を行う方法、WEBサービスで共有を行う方法を紹介しました。

Office365での共有は機能を使うことで可能ですが、別サービスが使いやすいです。

このなかで一番スケジュール共有するのにおすすめなサービスは「スケコン」です。

「スケコン」は、誰でも使うことができ、AIによる自動抽出も行ってくれます。

そのため、今までより便利に楽にスケジュール共有が可能になるんです。

ぜひあなたも「スケコン」を使って、スケジュール共有を簡単にしてみてはいかがですか。