タスク管理に豊富な機能を持つRedmineでプロジェクトを管理しよう

こんにちは。スケコンマガジン編集部です。(「スケコンマガジン」はAIスケジュールサービス「スケコン」がお届けする「人と時」をテーマにしたWEBマガジンです。)

今日も知って得する・すぐに使える、普段のライフスタイルや仕事をより楽しむために役立つ情報をお伝えします。

今回ご紹介するのは、プロジェクト管理ツール「Redmine(レッドマイン)」です。

「うまくプロジェクト管理して今よりもっと成果をあげたい!」「結局どのツールがいいのか分からない」と考えている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

Redmine(レッドマイン)とは

「Redmine (レッドマイン)」は、無料のプロジェクト管理ツールです。webアプリのため、webブラウザさえあれば複数人でも同時にアクセスしてプロジェクトを進められます。

無料とはいえ、プロジェクト管理を行うための基本的な機能が備わっています。例えば、進捗管理機能のガントチャート、ドキュメント編集のWiki、周知機能のニュースのほか、チームの動きを把握する機能もあります。

Redmine(レッドマイン)は主にソフトウェア開発のプロジェクト管理を中心に利用されていますが、様々な企業や団体で導入されています。

Redmine(レッドマイン)の特徴

Redmine(レッドマイン)は、無料で使える点をはじめ豊富な機能が魅力です。主に3つに絞って解説していきます。

チケットによるタスク管理

Redmine(レッドマイン)では、タスクの単位を「チケット」と呼んで管理します。チケットは更新されると該当メンバーにメール通知が届くため、タスクの共有漏れ防止に繋がります。

たとえフルリモートのチームで行うプロジェクトであっても、ツールを通じて細やかな共有が行えるのはかなり便利ですね。

また、プロジェクトメンバーは進捗度や優先度、終了日などの条件でフィルタリングができ、自分がやるべきタスクの把握を瞬時に行えます。

同時にチケット一覧表示も可能なので、誰が何を行っているのかもわかります。チームでプロジェクトを進める以上、プロジェクトメンバーが何をしているのかを見える化できる機能は必須ですね。

ガントチャートによるスケジュール管理

プロジェクト管理ツールの基本機能ともいえる「スケジュール管理機能」ですが、Redmine(レッドマイン)では他ツールと同様にガントチャートで行えます。

まずチケットに登録された開始日、期日、進捗率のデータをもとに、Redmine(レッドマイン)がガントチャートを自動的に作成。

チケットを入り口に、ガントチャートにより分かりやすいインターフェースでプロジェクトの状況を可視化してくれています。

全体像を把握していることで、プロジェクトリーダーによるプロジェクトの状況把握だけでなく、プロジェクトメンバーが仕事の進め方を検討する上でも役に立ちます。

作業時間を把握して工数管理

Redmine(レッドマイン)では、チケットの作成時に作業時間も入力できます。

作業時間を入力する手間はあるものの、チケットごとに作業時間を入力すればプロジェクト単位で集計して工数計算が行えます。

工数単価を想定すれば、人件費を原価とした数字把握や、プロジェクトの採算性管理に役立ちます。

プロジェクトメンバーをはじめ全体で工数を把握できれば、チーム全体の生産性アップやプロジェクトの時間の使い方に対する改善に役立てることもできるのです。

Redmineはプロジェクト管理に最適

上記の点を踏まえて、Redmine(レッドマイン)は細やかなタスク共有やプロジェクトの工数把握が可能なので、効率的にプロジェクト管理を行いたい方におすすめのツールです。

忙しい毎日の中でも、Redmine(レッドマイン)をうまく使って手軽にプロジェクト管理を行いましょう。

—–
スケコンマガジンでは、
毎日の業務や生活がもっと楽に、もっと楽しくなる情報を日々更新しています。
<<<<<スケジュール調整AI「スケコン」とは?>>>>>
誰でも簡単に無料ではじめられる
日程・予定調整ツール「スケコン」。
https://schecon.com/login
ビジネスから遊びの予定まで、スケジュール調整にかかっていた時間を”一瞬”に!
相手と自分の空き時間を自動で割り出し、決定したら自動でカレンダーに予定を追加。
1対1でも、大人数でも大丈夫。
営業のアポ取り、社内・社外会議、オンラインMTG、採用面接、会食・飲み会・ランチ、バイトのシフト出し、友人・学校での集まり、同窓会…
どんなシーンでも、
スケコンがあなたのスケジュール調整の心強いコンシェルジュに。