Salesforceで日程調整するならスケコン!【営業×日程調整ツールの最強コンビ】

「Salesforceを使って営業効率を上げたい」

顧客管理を円滑化できるSalesforceは、国内外問わず幅広いビジネスシーンで使われています。

顧客管理から社内での情報共有、社員の評価まで、オフィスワークにおいて欠かせない業務を1つのツールで済ませられるため、業務効率化を目指す上でぜひ導入したいツールです。

しかし、ツールはただ導入するだけでは意味がありません。

Salesforceで何ができるのか、どんな機能があればさらに便利なのかを見極めることで、業務効率は何倍にも良くなるでしょう。

中でもSalesforce導入とともに考えたいのが、日程調整ツールの導入です。

今回はSalesforceの機能とともに、日程調整ツール・スケコンを合わせて導入するメリットについて解説します。

Salesforceとは

まずはSalesforceがどのようなツールなのかから知っていきましょう。

ここではSalesforceの機能と導入メリットについて解説します。

国内外で導入されている顧客管理サービス

Salesforceとは、世界トップクラスのシェアを誇る顧客管理サービスです。

顧客1人1人の情報や過去の売り上げについて一括管理し、数字を可視化でき、今の顧客を正確に把握し、今後の営業に繋げていく上で有用なツールです。

Salesforceでの顧客管理では、以下のような機能が搭載されています。

  • カスタマーサポートに寄せられる問題を自動対応
  • 顧客情報をもとにニーズを分析・要望を可視化
  • 単純作業・往復作業をアプリで自動化

以上のように、Salesforceは顧客情報をもとに今の情報管理だけでなく、将来的なビジネス・マーケティングに繋げられます。

またカスタマーサポートや業務の自動化など、煩雑になりがちな業務の一部をオート化できることも、Salesforceの魅力です。

情報共有から評価まで幅広い使い方が可能

Salesforceの機能は顧客管理だけではありません。

マーケティングに付随する仕事のマニュアルや情報共有、タスク管理など、業務をアシストする機能も幅広く搭載されています。

そのため引き継ぎや社員教育など、業務に不可欠な要素についてもSalesforceの1機能としてまかなうことも可能です。

さらに、営業成果や情報を一括管理できることから、社員個人の働きについても可視化でき、正確な社内評価に繋げられます。

Salesforceを導入することで、社内外問わずあらゆる業務を効率化できるため、国内でも導入する企業は広がっています。

Salesforceと合わせて使いたい日程調整ツール「スケコン」

Salesforceには幅広い機能が搭載されていますが、すべての業務をSalesforceだけでこなせるわけではありません。

Salesforceにも搭載されていない機能はあり、この部分は別のツールを使い補うことで、より効率的な業務が実現するでしょう。

その1つとして導入したいのが、日程調整ツールです。

ここではSalesforceと合わせて導入したい日程調整ツール・スケコンの魅力について解説します。

Salesforceのカレンダーは日程調整には不向き

Salesforceにもカレンダー機能があり、そこから日程照合・会議の管理も行えます。

ただ、Salesforceで日程調整する場合は社内のメンバー(ユーザー)に限られていたり、調整したいメンバーを1人ずつ選択してカレンダーに追加する必要があったりと、不便を感じるシーンが少なくありません。

特に社外のメンバーや大人数での会議では、逆に調整に手間取ってしまうケースもあります。

しかしスケコンでは、ツール内で日程調整フォームを作り、そのURLを共有し空き時間を確認してもらうだけで、システムが自動的にベストな日程を抽出します。

また1対1から複数人まで、幅広いメンバー構成での日程調整に対応できるため、社内会議はもちろん、社外での打ち合わせや採用面接など、幅広いシーンで利用可能です。

対面・WEB問わず社内外の会議に対応

近年ではWEB会議を採用するシーンが急速に広まってきています。

WEB会議開催の良いところは、遠方にいても移動コストをかけることなく参加できることです。

スケコンでは30分単位で日程調整できるため、対面での会議はもちろん少時間で済むWEB会議にも対応しています。

さらにスケコンで作成した日程調整フォームにはZOOMなどのトークルームURLを共有できる欄も用意されており、WEB会議はさらにスムーズです。

外部カレンダーを介して予定を連携できる

スケコンでは、あらかじめ入力したカレンダー情報をもとに自動的に日程調整することも可能です。

このカレンダーはGoogleカレンダー、Outlookカレンダーと連携できるため、あらかじめこれらのカレンダーにスケジュールを入力しておけば、日程調整はさらにスマートに済ませられます。

また、スケコンで作成した日程調整は自動的に連携したWEBカレンダーにも追加されるため、調整後自分で予定を記入・管理する必要はありません。

カレンダーから調整内容・時間・備考もすべて確認できるため、スケジュール管理はさらに簡単に・正確に行えるでしょう。

利用者の声を元にした使いやすいUIデザイン

スケコンは「使いやすさ」を目指すため、利用者の実際の声をヒアリングしデザインをアップデートしています。

これにより、スケコンでの日程調整は非常に視覚的で、初めてツールを利用する方も感覚的に利用できるツールへと進化しました。

そのため、普段はオンラインツールを使用しない・WEBツールに明るくない方にも案内しやすいことも、スケコンの魅力です。

Salesforceとスケコンの合わせ技で業務効率化

顧客管理ツールであるSalesforceと、日程調整ツール・スケコンは非常に親和性の高い組み合わせです。

上手く使いこなすことで、さらに効率的なビジネスを目指せるでしょう。

最後に、Salesforceとスケコンを合わせて導入する魅力についてまとめます。

  • Salesforceは顧客管理・業務自動化における幅広い機能が搭載されている
  • Salesforceのカレンダー機能は大人数の日程調整には不向き
  • 日程調整なら1対1から複数人まで幅広く対応できるスケコンがおすすめ
  • スケコンならWEB会議などさまざまな形の会議にも導入できる

営業・顧客対応をはじめ、ビジネスシーンでは「人が対応すること」に意味がある業務もたくさんあります。

その中で、一部の業務をシステムに任せてしまえば「人にしかできないこと」に時間をかけられるようになるでしょう。

より実りのあるビジネスに繋げるためにも、ぜひSalesforceとともにスケコンの導入も検討してください。