もっと早く出会いたかった!若手MTGの日程調整がスマートにできる3つのポイント

「若手MTGの日程調整を出来るだけ楽に行いたい」

「若手の仕事内容を把握しつつMTGの日程を調整したい」

そんな経験のある方は、スケジュール管理ツールの導入をおすすめします。

若手MTGのために、いちいちカレンダーを確認してやり取りしているうちに予定が埋まってしまうこともしばしば。

特に若手MTGの日程調整であれば、スマートに済ませておきたい方も多いでしょう。

そこで今回は、「若手MTGの日程調整をスマートに行う方法」について紹介します。

この記事を読めば、若手MTGの日程調整のポイントと、ビジネスマンにおすすめしたいスケジュール管理ツールをしますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

若手MTGの日程調整をするためのポイント

若手MTGの日程調整をするためには

  • 自分の空き時間を把握し候補日を搾る
  • スケジュールを共有する
  • 時間を調整する

これらをいかにスムーズに済ませられるかがポイントです。

自分の空き時間を把握し候補日を搾る

若手MTGを行う際は、ある程度候補日を決めておくことが重要です。

自分の空き時間を把握して3日~4日程度の候補日を用意しておいて、その中で一番調整ができそうな日程を選ばせることで、スムーズに日程調整が出来ます。

注意点としては「候補日を増やしすぎないこと」です。

候補日が分散しますと調整にかかる労力や、確認するための時間も増えますので注意する必要があります。

スケジュールを共有する

日程調整で何よりも大切なのが、スケジュールの共有です。

従来までは

  • 電話
  • メーリングリスト

などを用いて日程調整をしている方が多かったのではないでしょうか。

電話やメーリングリストでは、送られてきた日程が空いているか自分のスケジュールを確認しながら返答する必要があり、結局調整が上手く行かないなんてこともあり得ます。

しかし現在では、Googleカレンダーと同期可能な「TimeRex」や、GoogleカレンダーのみならずSlackとも連携が可能な「biskett」など、便利なスケジュール管理ツールが利用できます。

スケジュール管理ツールを上手に用いれば、お互いの日程が被ることなく、空き時間に若手MTGの調整をすることが可能です。

時間を調整する

若手MTGの日にちが決まったら、最後に詳細な時間について決定する必要があります。

MTGがどの程度時間を要するのかを逆算して、日時の調整をする必要があります。

もちろん移動にかかる時間もありますので、余裕を持った時間の調整をしたいものです。

若手MTGの日程調整には「スケコン」がおすすめ!

若手MTGの日程調整をスムーズに行うために、スケジュール管理ツールの「スケコン」の利用をおすすめします。

スケコンはAIコンシェルジュがスケジュール管理や調整を行ってくれる最新型のスケジュール管理ツール。

どのように利用するのか、若手MTGにどのように活用できるのか紹介します。

スケジュールが重ならない

AIコンシェルジュがスケジュールの管理を行ってくれるため、スケジュールが重なる心配がありません。

万が一会議日程を忘れていて、他の用事とスケジュールが重なってしまった場合、AIがスケジュールが重複していることをすぐお知らせしてくれます。

自分のスケジュールから空き時間を確認できる

若手MTGを開く際には、自分のスケジュールから日程を決めなければならないという方も多いでしょう。

スケコンを用いれば、自分が入れた日程の空き時間を自動で抽出してくれるため、一瞬で自分のスケジュールから空き時間の確認が出来ます。

また、AIコンシェルジュが、自分の空き時間を確認してくれるだけでなく、若手MTGに最適な候補日を出してくれます。

日程調整による事務負担やストレスの軽減にもスケコンが便利です。

複数人で予定調整も簡単

スケコンの最大の魅力は、複数人のスケジュールを把握し一瞬で全員の空いている日時を抽出してくれることです。

一目で全員の空き時間を把握できるため、負担も少なく一瞬で日程調整できます。

AIコンシェルジュによる日程調整なので、若手が何十人と多くても大丈夫です。逆に人数が多ければ多い程スケコンの能力が発揮されるでしょう。

まとめ

若手MTGで大切なポイントとスケジュール管理ツール「スケコン」について紹介しました。

若手MTGの日程調整で大切なポイントは

  • 自分の空き時間を把握する
  • スケジュールの共有が重要
  • スケジュール管理ツールを上手に活用する

でしたね。

若手MTGでは、スケジュールの共有が大切です。

人数も多くなればなるほど、スケコンなどのスケジュール管理ツールを上手に用いて管理すると良いでしょう。

自分の空き時間と、若手の空き時間をしっかり把握することが、若手MTGの日程調整をスムーズに行えるカギになります。

意外と面倒なスケジュール管理を楽に済ますことで、その分の労力を若手の人材教育に力を入れられます。

ぜひスケコンの導入を検討してみて下さいね。