バーチャルオフィスのワンストップビジネスセンターがGMOイプシロンと提携
全国31拠点でバーチャルオフィス「ワンストップビジネスセンター」を展開し、延べ1万3,000社超への起業支援を行う、株式会社ワンストップビジネスセンター(代表取締役:土本真也、本社:東京都港区 以下「当社」)は、GMOインターネットグループでGMOペイメントゲートウェイ株式会社の連結会社であるGMOイプシロン株式会社(代表取締役社長:田口 一成、本社:東京都渋谷区 以下、GMO-EP)と業務提携契約を締結しました。
ワンストップビジネスセンターは、会員企業に向けGMO-EPの運営する決済サービスの紹介を行うことで、より包括的な事業運営支援を目指してまいります。
【本業務提携について】
GMO-EPは、初期費用やトランザクション処理料(※)が無料の決済代行サービスを提供する事業者です。2020年6月末時点で33,969店舗にのぼるEC事業者に利用されています。また、ワンストップビジネスセンターの運営するバーチャルオフィスサービスもEC事業者に多く利用されています。ワンストップビジネスセンターの会員企業はGMO-EPと契約することで、決済業者ごとにシステムを構築する必要なく、クレジットカード決済からコンビニ決済、ウォレット決済、スマートフォンキャリア決済等、さまざまな決済手段及び配送サービスを一括で利用できます。また、GMO-EPの決済サービスは、購入者から回収した商品代金や配送の運賃精算も一括して行うため、手間やコストを大幅に省くことが可能です。GMO-EPは、東証一部上場企業であるGMOインターネット株式会社のグループ企業であり、個人情報保護ではプライバシーマークの付与を受け、セキュリティ基準はPCI DSSとISMSに準拠するなど、会員企業に安心してご利用いただける環境を提供しています。(※) トランザクション処理料とは、クレジットカードのオーソリゼーション(承認番号取得)や請求等で、クレジットカード会社との通信ごとにかかる料金。【GMOイプシロン株式会社 会社概要】
コーポレートサイト:https://www.epsilon.jp/
代表者:代表取締役社長 田口 一成
所在地:東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
事業内容:オンライン販売の決済代行、代金回収代行及びそれらに付帯する業務

【株式会社ワンストップビジネスセンター 会社概要】
2010年よりバーチャルオフィス事業に参入し、現在は事業開始から10年目。全国における拠点数、割安かつ明朗な料金体系が顧客から評価され、延べ13,000社以上の事業者に活用されています。
法人登記利用が可能な住所利用、会議室利用、郵便保管・転送、電話番号のご契約・電話対応業務などを始め、各種オプションサービス(ホームページ制作サービスやオリジナルのファックス番号の取得など)により、初期投資やランニングコストに悩みがちなスタート段階のフリーランサー、副業家、スタートアップの方に向け、ローコスト・ローリスクな事業運営の支援を行っています。
また、2019年にはフリーランサーの自由な働き方支援を目指し、北海道ニセコ町とワーケーション推進のための協定を締結しました。

コーポレートサイト:https://www.1sbc.co.jp/
サービスサイト:https://www.1sbc.com/
代表者:代表取締役 土本 真也
所在地:東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山
事業内容:起業家・フリーランサー向けのバーチャルオフィスおよびレンタル会議室の運営、ホームページ制作・運営に関するコンサルティング、家具・インテリア販売およびコーディネート

—–
スケコンマガジンでは、
毎日の業務や生活がもっと楽に、もっと楽しくなる情報を日々更新しています。
<<<<<スケジュール調整AI「スケコン」とは?>>>>>
誰でも簡単に無料ではじめられる
日程・予定調整ツール「スケコン」。
https://schecon.com/
ビジネスから遊びの予定まで、スケジュール調整にかかっていた時間を”一瞬”に!
相手と自分の空き時間を自動で割り出し、決定したら自動でカレンダーに予定を追加。
1対1でも、大人数でも大丈夫。
営業のアポ取り、社内・社外会議、オンラインMTG、採用面接、会食・飲み会・ランチ、バイトのシフト出し、友人・学校での集まり、同窓会…
どんなシーンでも、
スケコンがあなたのスケジュール調整の心強いコンシェルジュに。