PWAでプッシュ通知を使うメリットを徹底解説

PWAに興味があるあなた。

「PWAってなに?」

「どんなが機能があるの?」

「プッシュ通知にも対応しているの?」

こんな疑問に答えます。

この記事を読むとプッシュ通知に対応したPWAのメリットが分かります。

スマホのアプリの動作が重くてイライラしていませんか?

毎日使うスマホでストレスが溜まっていると、あなたの仕事の生産性は下がるばかりです。

PWAを使えばそんなイライラから解放されます。

是非この記事を最後まで読んで、あなたの仕事の効率を上げましょう。

プッシュ通知も対応しているPWAとは?

PWAとは、Progressive Web Appsの略称です。

スマートフォンでウェブサイトを表示する際に、まるでネイティブアプリのような挙動をする仕組みです。

PWAを使えばユーザーの満足度の向上につながります。

ユーザーがPWAを使うメリット

あなたがPWAを導入するメリットは2つあります。

  • ページの読み込みや表示時間が高速化される
  • オフラインでも動作して閲覧ができる

PWAはスマートフォンのアプリの動作が重くてイライラしているあなたにぴったりです。

開発者の立場にとってもPWAを導入するメリットは大きいです。

なぜならでユーザーとの接触機会を増加させることができるから。

例えば「ホーム画面へのアイコン追加」と「プッシュ通知」を設定してもらえれば、ユーザーにサービスを目にしてもらう頻度が格段に高まります。

ネイティブアプリにはない軽快な動作がPWAの強みだと言えます。

PWAのプッシュ通知のメリット

PWAでは、ネイティブアプリと同じようにプッシュ通知を送ることができます。

ユーザーであるあなたはブラウザを閉じた状態でもプッシュ通知を受け取ることができます。

従来のモバイルサイトと比べて知りたい情報を逃す機会をグッと減らすことができます。

プッシュ通知はデフォルトでは送られない

1点、注意点があります。

あなたがプッシュ通知を受け取るためには、許可を与える必要があります。

プッシュ通知の許可はデフォルトでは許可されていません。

なお、プッシュ通知の許可を求めるメッセージは、一度拒否すると再出現されないような設定になっています。

知りたい情報を逃さないために

PWAを使うときは、プッシュ通知の許可を求められたらその場で設定をしましょう。

こうすれば後から「情報を知らなくて大切なチャンスを逃した…!」なんて事態を避けられます。

プッシュ通知の許可はユーザーにとってストレス

多くのネイティブアプリは、インストール後の初回の起動時にプッシュ通知の許可を求めるメッセージが表示されます。

サービス内容がまだよくわからない状況では、メッセージを読んでも「いま決められないから許可しない」と考えますよね。

最近では、やたらと許可を求める方法が問題になっており、丁寧にアプリの使い方を説明した上でプッシュ通知の許可を求めるアプリが多くなっています。

これと同じことがPWAにも言えます。

ユーザーであるあなたが、プッシュ通知の許可をしたくなるような情報の伝え方が非常に重要なポイントになります。

PWAのプッシュ通知の許可を求める3つのパターン

プッシュ通知の許可を求めるパターンは主に3つあります。

  • 許可を求めるメッセージの自動表示がない
  • ブラウザ固有のメッセージを自動表示する
  • ユーザーにプッシュ通知の価値を説明する

詳しく解説していきます。

許可を求めるメッセージの自動表示がない

プッシュ通知の許可を自動で表示しないパターンです。

プッシュ通知を受け取るためには、ユーザーであるあなたがサイトメニュー等の設定から配信をリクエストする必要があります。

導入している事例が日経電子版です。

ユーザーにストレスを与えないメリットがあります。

ブラウザ固有のメッセージを自動表示する

サイトの閲覧を開始した直後にメッセージが表示されるパターンです。

あなたも「○○のプッシュ通知を許可しますか?」というメッセージを見た覚えがあるはずです。

ユーザーへの接触回数を増やせるメリットがあります。

これを採用しているのがスケジュール調整ツールのスケコンです。

ユーザーにプッシュ通知の価値を説明する

プッシュ通知の許可を自動で表示するのではなく、ユーザーの許可を取得するために工夫しているパターンです。

サイト内にプッシュ通知を説明したコンテンツを掲載し、そこからプッシュ通知の許可に誘導しています。

ユーザーであるあなたがどんな価値を得られるのか事前に説明されるので安心して許可することができます。

許可を求める通知は1回だけのチャンスなので、こうした工夫は非常に有効です。

これを導入している事例がTwitterやエールフランス航空です。

まとめ

PWAのプッシュ通知を使えば、知りたい情報を逃すチャンスをグッと減らすことができます。

ネイティブアプリに比べて動作が軽いので、あなたのイライラが軽減して仕事の効率も上がります。

PWAのプッシュ通知について分かったので、次は「実際にPWAを使ってみようかな!」と思いましたよね。

おすすめはスケジュール調整ツールのスケコンです。

PWAにも対応してプッシュ通知を受け取ることもできますよ。

ぜひこの機会に導入してあなたの仕事の効率を上げましょう。