【Googleカレンダーのワンランクアップ仕事術】もっと快適に使えるスケジュール管理ツールはコレ!

「スケジュール共有を快適にしたい」

スケジュールの共有は、効率的でなければいけません。

そのために、Googleカレンダーを使っているという方も多いでしょう。

ですがGoogleカレンダーには、スケジュール共有にデメリットがあります。

もちろん優れたサービスなのですが、少し注意点も把握しておいたほうが良いでしょう。

この記事では、Googleカレンダーでスケジュール共有をする時の注意点について、解説します。

また、スケジュール共有を快適にする「スケコン」というツールについてもご紹介するので、導入を検討してみてください。

最後まで読んで頂ければ、Googleカレンダーとは別の、スケジュール共有の方法が分かるでしょう。

Googleカレンダーでスケジュール共有をする時の注意点

Googleカレンダーでスケジュール共有するなら、注意点があります。

以下では、Googleカレンダーのデメリットについて解説していきます。

使用にはGmailアドレスが必要

Googleカレンダーを使うためには、Gmailアドレスが必要になります。

ほとんどの方が持っているかもしれませんが、中には取得していない方もいますよね。

Googleアカウントを持っていれば、良いのですが、相手が持っていない場合は注意が必要です。

スケジュール共有するなら、相手がGmailアドレスを持っていない可能性も考えておくべきでしょう。

企業によってはGoogleアカウントを許可していない

Googleは素晴らしいサービスを展開しています。

もちろん、普段使いをする分には問題ないですが、ビジネスでGoogleカレンダーを使う場合には、少し注意したほうが良いでしょう。

企業によっては、Googleアカウントのビジネス利用を承認していない場合もあります。

スケジュール共有をする相手が、Googleアカウントを使えないとなれば、Googleカレンダーの共有はたちまち困難になりますよね。

Googleカレンダーの使用が、企業によっては許可されていない場合もありますので、相手が利用できないケースもあるということを、覚えておいてください。

ビジネスとプライベートが混同する

Googleアカウントは、持っておけば様々なツールが利用できます。

そのためたくさんの方がビジネス、プライベートで利用しているのですが、だからこそ混同には注意しましょう。

例えば、Gmailアドレスをプライベート利用している相手に、ビジネスのスケジュール共有をするのはリスクがあります。

相手のスケジュールを、公私混同させてしまう危険があるからです。

ビジネスとプライベートの予定は分けたいという方も多いため、このような場合は注意が必要です。

スケジュール共有はGoogleとも連携できる「スケコン」がおすすめ

Googleカレンダーでスケジュール共有は可能ですが、注意点を解決するサービスがあります。

それは、スケジュール管理ツールの「スケコン」です。

以下では、スケコンの魅力と特徴について解説します。

URLを送るだけで予定の共有が可能

スケコンは、URLを送るだけでスケジュールの共有ができます。

そのため、相手がGoogleアカウントを持っていようが持っていまいが関係ありません。

スケジュールの共有は「簡単なこと」が鉄則です。

相手がスケジュールを一目瞭然で、すぐに確認できることが大切。

スケコンを使えば、URLをクリックするだけなので、とても手軽にスケジュールの共有が行えるでしょう。

暗号化されているのでセキュリティは強固

スケコンの魅力は、情報が暗号化されていること。

そのため、セキュリティが強固なので、ビジネス利用も問題ありません。

Googleカレンダーのセキュリティも強固ですが、企業によっては導入が許可されていない場合もあります。

Googleアカウントのように、相手が利用できないというケースも減るはずです。

Googleカレンダーと連携すればより快適に

スケコンは便利ですが、Googleアカウントを持っている方は、もっと効率的に使えます。

Googleカレンダーと同期できるので、予定が一発で分かるようになるのです。

スケジュール管理ツールはたくさんありますが、Googleカレンダーと連携できるものは限られています。

もちろん、連携させずに使うこともできるので、公私混同させたくない方にも安心です。

Googleカレンダーと連携させて使うことで、スケコンの魅力を存分に発揮できるでしょう。

まとめ

今回は、Googleカレンダーでスケジュール共有する際の注意点と、スケコンが優秀ということを解説しました。

Googleカレンダーでスケジュール共有する際の注意点は、以下の通りです。

  • 使用にはGmailアドレスが必要
  • 企業によってはGoogleアカウントを許可していない
  • ビジネスとプライベートが混同する

Googleカレンダーは非常に便利なのですが、共有する際は注意です。

スケジュールを共有するのならスケコンを導入して、ビジネスやプライベートの予定管理を快適にしましょう。