【ツールを賢く使う!】チャットワークより簡単にできる!スケジュール共有の方法を教えますットワークより簡単にできる!スケジュール共有の方法を教えます

最近チャットワークを使う人が少しずつ増えてきました。

チャットワークを使って、スケジュールのやり取りをすることもあるはずです。

その際に、スケジュール共有の方法について悩むこともあるでしょう。

この記事では、チャットワークでスケジュール共有を行う方法を紹介します。

また、チャットワーク以外でもスケジュール共有ができるサービスも紹介します。

この記事を読むことで、スケジュール共有について今後悩むことがなくなりますよ。

チャットワークを使うより、別のWEBサービスを使うほうが簡単に共有できるんです。

チャットワークでスケジュール共有ができる

はじめに、チャットワークでスケジュール共有が可能かどうかを見ていきましょう。

チャットワークの機能としてスケジュール共有は可能なんです。

それでは、チャットワークを使ってどのようにスケジュール共有を行えるのでしょうか。

Googleカレンダーと連携

チャットワークでスケジュール共有するには、Googleカレンダーと連携が必要です。

Googleカレンダーと連携すると、イベントの追加、開始などをチャットワーク上にリマインドを送ることができます。

グループチャットへの通知も可能なので、イベント追加で共有が可能になりますね。

既に入っている予定開始前の通知や、新規予定追加の通知、指定した特定のキーワードを含む予定のみの通知など、必要に応じて設定しておくことができます。

例えば、「来客」キーワード指定し、その予定の20分前にグループチャットへリマインドが入るように設定などができるようになります。

Googleカレンダーとの連携方法

ではGoogleカレンダーとチャットワークのAPI連携する手順を簡単にご紹介します。

  1. Googleアカウント・チャットワークアカウントの登録
  2. 共有するGoogleカレンダーを作成
  3. ChatWorkのAPI Tokenを入手
  4. 共有するGoogleカレンダーのカレンダーIDを入手
  5. 必要なGoogle Apps Scriptを作成する

*Zapierなど連携アプリを使用する方法もあります。

Google Apps Script(スクリプト)に関しては、どのような内容の動作が必要かにより、その都度スクリプトを作成することになります。

Googleカレンダーとの連携について

チャットワークとGoogleカレンダーとの連携については、少々レベルが高くある程度の知識が必要です。

「APIトークン」や「スクリプト」といった技術に理解がある場合は、用途が広がりとても便利に使うことができます。

しかし、このような知識がない場合には、使いこなすにはかなり難易度が高いのも事実です。

また、スケジュール共有については別途やり取りが必要なので、1つのアプリ内で完結させることができるような別サービスを使用することをおすすめします。

チャットワーク以外でスケジュール共有できるサービス

つづいては、チャットワーク以外でスケジュール共有ができるサービスを紹介します。

スケジュール共有が可能なサービスを使うとチャットワークより簡単に共有が可能です。

ここでは5つのWEBサービスについて紹介していきます。

連携機能や設定など各サービスごとにいろいろな特徴があるので、見ていきましょう。

URLを共有してスケジュール共有「TimeRex」

「TimeRex」はURLを共有してスケジュール共有できるサービスです。

GoogleカレンダーやOutlook予定表とも連携可能でビジネス向けの日程調整ができます。

日程調整から予定登録までの作業を自動化してくれるので便利です。

ダブルブッキングの心配がない「eeasy」

「eeasy」はURLを共有したい相手に共有し、スケジュール共有するサービスです。

こちらもGoogleカレンダーやOutlookと連携ができるようになっています。

日程調整を自動化してくれ、決定した予定もカレンダーに自動登録してくれるんです。

最新のカレンダーと連携するので、ダブルブッキングの心配もないのが安心ですね。

時差に対応している「アイテマス」

「アイテマス」は生成テキストとURLを共有してスケジュール共有を行うサービスです。

Googleカレンダーと連携可能で、ビジネス向けの日程調整アプリとなっています。

時差にも対応しているので、海外向けのスケジュール共有にも使えるサービスですね。

slackとの連携も可能「biskett」

「biskett」は共有したい相手にURLを送信してスケジュール共有を行うサービスです。

Googleカレンダーと連携することで日程調整を簡単に行うことができます。

カレンダーと自動同期されるので、予定登録も自動のため予定重複も避けられます。

slackとの連携も可能なので、スケジュール共有のしやすさは高いといえますね。

AIコンシェルジュサービスの「スケコン」

「スケコン」は候補日程を共有したい相手に伝えてスケジュール共有を行うサービスです。

AIコンシェルジュサービスのため、候補日程や空き時間の抽出はAIが行ってくれます。

ボタンひとつで抽出された時間も確認できるので、とても楽に日程調整が可能ですね。

別の予定が入ると、該当日を候補から自動で外してくれる便利な機能もあります。

まとめ

チャットワークでのスケジュール共有方法について紹介してきました。

チャットワークでスケジュール共有は可能ですが、制限もあるので手間がかかります。

そのため、スケジュール共有ができるWEBサービスを使う方が簡単に共有可能でしょう。

5つの共有ができるサービスを紹介してきましたが、どれを使うか悩むかもしれません。

このなかで一番おすすめなWEBサービスは「スケコン」となっています。

「スケコン」はAIによる便利な機能も豊富でアカウントがなくても誰でも使えるんです。

そのため、「スケコン」を使うのが一番楽にスケジュール共有が可能だといえますね。

これからは「スケコン」を使って、あなたも楽にスケジュール共有を行っていきましょう。